私の乾燥肌とのこれまでのつきあい

現在50代ですが、20代まではきめ細かい肌でした。

 

美容部員の方に、「きめが細かいね。これはほおっておくと年取ったらガタガタになるよ」と言われたことがあります。

 

それを聞いた時は、お手入れの化粧品のセールストークだろうとたかをくくっていました。

 

それが、子育て真っ最中の頃、どんどん乾燥肌になり、30代後半できづくと、本当に肌がばりばりに乾燥し、ファンデーションもあまりのらない肌になってしまったのです。

 

それからいろいろと保湿の為の努力をしましたが、やればやるほどかえって乾燥した気さえします。

 

 

 

いつしか50代になって、突然じんましん体質になり、皮膚科で刺激防止の為に極力何もつけないようにと言われました。

 

乾燥肌で、敏感肌だったわけです。

 

しかし、この皮膚科で保護のクリームを数種類処方され、それは手足に塗っていましたが、どこにでも塗れる物で、顔にも塗ってよいとのことでした。

 

そのクリームは、べたべたもしないし、自然な感触で、とても助かっています。

 

肌のトラブルは皮膚科がやはり適していると、このごろになってやっと思えています。

 

無印良品で乾燥対策!

冬は手や顔のカサカサが気になりますよね。乾燥肌にはつらい季節です。

 

有名メーカーの化粧品は少し値段も高く、自分の肌に合わない商品もあります。

 

また男性では、『化粧品売り場に行きづらい』等を理由に、ネットショッピングで済ますということも少なくはないはずです。

 

私は敏感肌なうえに夏はベタベタ、冬はカッサカサの肌体質なので、化粧品は、『オールシーズン使えて、お財布に優しいものが欲しい!』と探していました。そこで、試してみたのが、『無印良品』の化粧品です。

 

今までしっとりタイプの化粧水を購入しては、ベタベタし過ぎて合わず、そのまま捨てるという事が何度かありましたが、無印はの商品は同じ成分で『さっぱりタイプ』『しっとりタイプ』『高保湿タイプ』がの3種類が存在します。サイズも3つあり、携帯に便利な50mlのほかに、手頃な200ml、家族みんなで使える大容量の400mlバージョンがあります。

 

私の場合、化粧水をさっぱりタイプ、乳液をしっとりタイプを使っていますが、これがベストな組み合わせです。無印良品なら、男性でもお菓子やステーショナリーと一緒にカゴに入れてレジに持っていけば、恥ずかしくないはずです。冬を乗り切るのに、無印良品はいかがですか?