敏感肌の原因は間違ったスキンケアと化粧品?

最近よく聞いたり、目にする「敏感肌」とは一体どんな肌のことを言うのでしょうか?
実は「敏感肌」には定義が無く、病名も存在しません。
一般的に言われている「敏感肌」とは、「ちょっとした刺激でも敏感に反応して、肌トラブルを起こしてしまう肌」のことです。
例えば、きつめの洗剤や化粧品を使用した時に、赤みが出たり、着用していた洋服やアクセサリーが原因で、肌がピリピリしたり、荒れたりします。
せっかくお気に入りの洋服や、アクセサリーをつけても、肌が荒れたり、痒くては、テンションもダダ下がりですよね。
肌にとっても、一生懸命SOSサインをだしているのです。

 

このような症状がある場合、肌はバリア機能である「角質層」が十分に機能できていない状態になっているのです。
角質層とは、皮膚の表面の壁のことで、外部の刺激(ウイルスや細菌、紫外線)から肌を守る保護膜のような役割と、
体内の水分をしっかり閉じ込めて保湿してくれる働きがあります。
その角質層が何らかの原因によって、破壊され、十分に機能していないので、
ちょとした刺激でも、直接的に体内に受け入れてしまい、肌トラブルを起こしてしまうというわけです。
これは肌にとっても、とても辛い状態です。

 

敏感肌の大敵は「乾燥」だった!

 

では、この大事な「角質層」が破壊されてしまう原因とはなんなのか??

 

色々と原因は挙げられるのですが、そのほとんどの原因は「乾燥」にありました。

 

皮膚は、「セラミド」と呼ばれる皮脂と水分が組み合わさって、バリア機能を作っています。
しかしこの「セラミド」は乾燥に弱く、乾燥すると減ってしまい、水分を保っていられなくなります。
するとバリア機能が低下して、肌の抵抗力も弱まり、「敏感肌」になってしまうというわけです。l
つまり、敏感肌の大敵は乾燥??

 

もちろん冬などは、季節的に空気が乾燥するので、注意してケアをする人がほとんどですが、
実は知らず知らずのうちに自身で、肌を乾燥させ、そして敏感肌へと招いてしまう行動があるのです。

 

敏感肌の原因は間違ったスキンケアと化粧品だった!?

 

先程も言ったように、乾燥は環境によって起こることもありますが、
かなりの確率で、スキンケア(お手入れ)や生活習慣を間違っていたり、化粧品選びの時点で間違って、肌を乾燥させているのです!

 

つまり、敏感肌で悩んでいる、あなたの肌の状態に合ったスキンケアをしなくては改善されないのです!

 

肌に良かれと思ってしていたスキンケアが、実は最大の原因なのかもしれません。

 

まずはあなた自身で、敏感肌を招いていないかどうか、チェックしてみて下さい。

 

特に、知っておいていただきたいのが、日本では一般的とされている、

 

@クレンジング→A洗顔→B化粧水→C美容液→D乳液→Eクリーム と重ね塗りするスキンケアが間違いだということです。

 

クレンジングはメイクの油汚れを落とすものですが、先に述べた「セラミド」も一緒に流れ落ちてしまいます。
肌をゴシゴシこすったり、化粧水を叩き込んだり、マッサージするようにクリームを塗りこむのも全て、肌にとって負担です。
つまり、肌に触る回数が多ければ多いほど、肌への刺激が増え、ターンオーバーを乱す原因にもなります。

 

このように、肌によかれと思って、念入りにクレンジングや洗顔をすればするほど、バリア機能が低下するので、
保湿しようと、一生懸命化粧水をつけたところで、水分は保たれません。残念ながら、無意味といっていいでしょう。
つまり、肌の大敵「乾燥」は避けられません。

 

このように、思い込みの間違ったスキンケアでは、敏感肌を治すどころか、慢性化させる可能性さえあるのです。
今一度、敏感肌の原因を自ら生み出していないのかの確認をして、正しいスキンケアをするように心がけましょう!