最近肌荒れがひどい!肌荒れにも保湿化粧品が効果的?

よく言われる『肌荒れ』とは、皮膚のトラブルの総称で、ズバリ『肌が健康でない状態』のことをいい、主な症状は、
肌がカサカサする、、ニキビや吹き出物ができる、かゆみが出る、赤みが出る、黒ずんで見える、などです。

 

肌の状態が悪いと、ニキビや吹き出物などは、目に見えて明らかですし、触ってみても、ガザガザだったり、
化粧のノリがよくなかったりするので、自分でもすぐに気がつくと思います。
しかし、普通の人がいう『肌荒れ』とはちがい、『もっとひどい肌荒れ』になると、ひと目も気になるし、かなりのストレスになってしまいますよね。
コンプレックスになってしまう人もいるでしょう。

 

今回は、そんな『ひどい肌荒れ』の悩みを解消すべく、肌荒れを起こす原因としくみ、肌荒れに効果的な対策を紹介したいと思います!

 

肌荒れで悩んでいる人が増えてきている理由は、肌荒れになる原因や要因が、普段の何気ない生活の中にたくさんあるからなのです。
肌荒れがなぜ、どんどん悪化していくのか、まずはその仕組みを知って、何が正しく、何が間違っていたのか確認してみて下さい。

 

 

ひどい肌荒れの時は、『黄色ブドウ球菌』の撃退が大事

 

肌がジュクジュクして皮膚が剥がれてしまうようなひどい肌荒れは、感染症の可能性があります。
細菌にもいろいろありますが、特に肌荒れを起こすことが多いのが『黄色ブドウ球菌』です。
『黄色ブドウ球菌』は常在菌なので誰の肌にでもいる菌です。肌が健康な時はバリア機能がしっかり働いているので、悪さをすることはないのですが、
何らかの原因で、バリア機能が低下したり、壊れてしまっている状態では、肌荒れはどんどん進んでしまいます。

 

普段は表皮ブドウ菌という善玉菌が皮脂や汗をたべ、脂質を分泌することによって肌を潤いで守ってくれています。
そして、同時に悪玉菌が繁殖しないようにみはってくれています。

 

しかしこの表皮ブドウ球菌は『乾燥』にとても弱く。肌が乾燥状態になると、一気に悪玉菌である『黄色ブドウ球菌』が繁殖してしまうのです。
つまり、『ひどい肌荒れ』の症状がある時はこの『黄色ブドウ球菌』が、より炎症を悪化させているのです。

 

では、どうするべきか・・・?
答えはわかりましたよね?

 

『黄色ブドウ球菌』の撃退です。でも決して、殺菌してはいけません。
善玉菌まで殺してしまいますし、細胞間脂質も減少して、肌が余計に乾燥してしまうからです。
「乾燥」は黄色ブドウ球菌の増殖をたすけますし、角質層のバリア機能も低下させてしまいます。

 

つまり、ここで大事なのは『バリア機能の回復』のための『保湿』です。

 

まずは毎日のスキンケアで保湿成分の補給を心がけるようにしましょう!

 

 

『セラミド』配合の保湿化粧品でバリア機能の回復を!

 

肌荒れの改善方法として、化粧品選びを見直すことはとても重要です。
肌荒れのときは、化粧品を全く使わないようにすべきだと思っている人も多いと思います。
でも、肌荒れの一番の原因は「乾燥」でしたね。
ということは、「いつも以上にしっかりした保湿」を心がけなければいけないのです。
乾燥した肌をそのまま放っておくのは間違いです。

 

そんな肌荒れの大敵である「乾燥」は、肌の保湿成分である『セラミド』が減少してしまうことによって、起こっているのです。
『セラミド』は角質層の中にある、細胞間脂質の主成分で、スポンジのように水分や油分を抱え込んで、保湿する働きがあります。
健康的な肌には、『セラミド』がたっぷり含まれていて、みずみずしいのです。

 

健康でみずみずしい肌は、バリア機能もしっかりしているので、肌トラブルも起きにくいのです。
肌荒れで悩んでいる人にとっては、理想的ですよね〜

 

間違ったスキンケアなどで、大事な『セラミド』を減少させていては、いくら保湿しようと水分を与えても、
保湿力がないので、水分は保たれないのです。まずは保湿力を高めることが肝心です。

 

肌に合わない刺激の強いものは使わないようにするのは、もちろんですが、保湿成分『セラミド』が配合された化粧品を選ぶようにしましょう。

 

ひどい肌荒れも、正しい保湿をすることで、肌が健康な状態になっていき、肌荒れしにくい肌へと変わってくるはずです。