保湿の方法は季節ごとに変えるべき?

 

毎日しているお肌のケアですが、お肌が乾燥しやすいと感じる事が多いのは季節の変わり目です。

 

気温や湿度が変化しやすいこの季節の変わり目は、その変化にすぐにお肌が対応出来ずに調子が乱れてしまいがちですが、その季節ごとに合った保湿方法をしっかりすることで乾燥知らずのいつでも潤った理想のお肌をつくることが可能です。

 

乾燥する季節といえばもちろん冬と言えますが、乾燥肌になりやすいのは冬だけではありません。

 

実は春夏秋冬、一年を通して乾燥肌になる可能性があるのです。

 

その原因としては会社やお店などで毎日つけられているエアコンであったり、季節ごとの気温や湿度、日中に浴びる紫外線などが関係しています。このように季節によって乾燥の原因が変わるので、しっかりと季節別に合わせた保湿ケアをすることが保湿効果を高める肌作りには重要です。

 

紫外線が冬から暖かくなるにつれて増えてくる春は保湿をしっかりと。

 

春は日中との気温の差が激しく湿度がとても低いことでお肌は乾燥しやすくなります。さらに紫外線量も徐々に増えていきます。

 

外に出る際には、忘れずに日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶるなど紫外線対策をします。

 

保湿方法としては乾燥が激しい冬と同じくらいしっかりと行うことが乾燥肌を防ぐポイントになります。

 

化粧水をたっぷりつけて、(沢山お肌に化粧水を浸透させるには、化粧水の二度づけも効果があります。)美容液やクリームでしっかり保湿し、常にお肌の水分量を保つように心がけます。

 

また、春は新入学や就職、転勤などと環境の変化などによってストレスも増える時期です。

 

ストレスが増えてしまうとホルモンバランスが崩れる原因となります。

 

少しでもお肌には刺激を与えないようにするには、低刺激の化粧品を選ぶ事もお肌にとってはいいことです。それからもちろん、お肌をいつも清潔に保つこと、朝と夜のスキンケアも大切にしながら日々の保湿ケアをすることが大切です。

 

夏の大敵は紫外線とエアコン。紫外線対策と室内での保湿ケアが大切。

 

夏は汗も沢山かくので、お肌が保湿されているように感じてしまいがちですが、そうではありません。

 

お肌の水分が汗と一緒に失われてしまうために乾燥もしやすくなっています。

 

夏は気温が高く、皮脂の分泌も活発なのでもちろんお肌が潤いやすいのは確かです。

 

汗以外にも夏にはお肌が乾燥してしまう原因はあります。

 

それは『紫外線』です。夏は日差しがとても強いため紫外線を大量に浴びやすくなります。
紫外線を浴びることで角質層のNMF(天然保湿因子)というお肌の保湿成分が減少してしまいます。このNMFは細胞内の水分を保持する役割があるため、NMFの減少により、お肌の保水量が低下し乾燥を招いてしまうのです。
ほんの少しの外出だけでも夏は大量の紫外線を浴びることになるので、とにかく紫外線対策は徹底し、お肌を守りましょう。

 

さらに外で汗をかいて水分が減ってしまっている状態で室内に入りエアコンを浴びることもお肌を乾燥させる原因となります。

 

エアコンは室内の空気を乾燥させます。そのため乾燥した室内にいることになるのでお肌の水分も奪われやすくなってしまいます。
そんな時には水分をしっかりとって、身体の内側から水分を補給させます。

 

水分を多くとることにより、体内の循環もよくなるので、お肌の水分量も整いやすくなります。他にも、化粧ミストなどをお肌に吹きかけて水分を補給するのも保湿方法の一つです。

 

また気をつけなくてはならないのは保湿方法です。

 

夏は皮脂の分泌が盛んになるため、ベタつきが気になり、クリームや乳液をつける事を避けてしまう事があるかもしれませんがそれは絶対にしてはいけません。

 

夏は沢山汗をかいて汗と一緒に水分と油分が出ていってしまうので、もちろん水分の補給も大切ですが、油分も同じくらい重要です。

 

化粧水をたっぷりつけて、お肌に水分を与えたら必ず乳液やクリームでお肌にふたをすることが潤いを保つ事に繋がります。

 

夏に沢山浴びてしまった紫外線により弱ってしまったお肌は秋に優しくいたわってあげること。

 

夏から少しずつ涼しくなり始める秋は快適に過ごせるようになるのと同時に、外の空気も乾燥してくる季節になります。

 

一日中乾燥した状態になる秋はお肌本来の保湿力を上げることが重要です。

 

お肌本来の保湿力をあげるには、普段の化粧水、乳液、保湿クリームなどのスキンケアの他にも身体そのものから健康を保つようにします。

 

さらに日中の保湿ケアも大切になってきます。

 

お肌の乾燥を感じたらすぐに、化粧ミストやクリームで水分を補ってあげることで、乾燥からお肌を防ぐことが出来ます。

 

秋は夏に浴びた紫外線によるダメージでお肌のバリア機能が低下してデリケートになっています。

 

紫外線がお肌の表面である表皮細胞に悪影響を及ぼした結果、角質層における保湿機能やバリア機能が低下してお肌が乾燥しやすくなります。
まずは皮膚表面に残っている汚れや古い皮脂を丁寧に取り除くことをします。

 

古い角質が残っていると、お肌の保湿機能やバリア機能にさらに悪影響を与えて、さらに乾燥がしてしまうことでくすんだお肌になってしまいます。

 

だからといって、刺激を与えるような洗顔しては余計なダメージを与えてしまうので、ふわふわのきめの細かい泡で優しく泡をのせる様に洗い流し、汚れを取り除きます。
古い角質を落とすにはピーリングなども効果的ですが、刺激が洗顔よりも強いため、月に1〜2回までにします。

 

とにかく乾燥する冬はとにかく保湿!

冬といったら、寒くてとにかく乾する季節。

 

お肌の乾燥トラブルのピークは、寒さが増す1月〜2月だといわれます。

 

さらにエアコンを使うことでより乾燥しやすくなるため、エアコンをつけるときは必ず加湿器を使って湿度を大体50〜60%くらいに調節します。

 

冬は空気中の水分が少なく乾燥しているため、お肌の水分も奪われてしまうことにより、乾燥しやすくなります。

 

それから気温が下がることで血行の流れも悪くなり、身体の内側からの水分補給が減ります

 

冬は気温も低く、さらに湿度も低いために皮脂の分泌量が減ってしうため、普段は大丈夫でも冬だけ乾燥肌になる場合もあります。

 

こんな乾燥した季節に大切にしなくてはならないのがお肌の保湿方法です。

 

冬は空気が乾燥しているため、湿度が低いのでお肌もすぐに乾燥しやすくなります。

 

ですのですばやい保湿ケアが重要なカギとなります。洗顔はもちろん、寒いからといって熱いお湯で行ってはいけません。

 

大切な皮脂や水分まで流してしまい、さらに乾燥を進めてしまいます。
洗顔後は水分が急激に蒸発し、お肌がもっとも乾燥しやすいタイミングなので、とにかく時間を空けずすぐに保湿ケアを行います。

 

化粧水でたっぷりとお肌に潤いを与えたら、必ず美容液やクリームで蓋をします。

 

さらに乾燥しやすいのは皮膚が薄い目元、口元です

この部分は顔全体のスキンケアをしたあとにさらに専用のアイクリームやリップクリームを使うことによって、さらなる乾燥を防ぎます。