保湿力を上げる正しい洗顔の仕方とは?

当たり前のようにしている洗顔ですが、洗顔は日々欠かせないスキンケアのひとつでもあります。
どんなに洗顔後に良い化粧品を使ってもまずは正しい洗顔が出来ていないときれいなお肌にはなりません。
正しい洗顔こそがお肌のトラブルを防ぎ、健康を保つのです。

 

洗顔の目的は皮脂汚れをしっかり落とすこと。そしてお肌に水分をしっかり届ける事。

 

洗顔とはお肌の汚れを取り、基礎をつくるためのケアです。

 

お肌の汚れを落とすための洗浄力が自分のお肌に合うものを使ってください。

 

そして朝も夜も洗顔料でしっかり洗顔し、皮脂を落とす事が大切です。

 

洗顔で皮脂を取りすぎてしまうと、お肌が乾燥してシワになると勘違いされがちですが、実はそうではありません。
シワの原因は乾燥ではなく、コラーゲンの減少や変性なのです
皮脂も雑菌からお肌を守る働きがあるため、確かに落としすぎるのもよくないのですが、乾燥やシワを恐れてしっかり皮脂汚れを落とさず、お肌に残ったままでは肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

古くなった皮脂はニキビの原因になるばかりではなく、酸化することによって、肌の老化を進める原因にもなってしまいます。

 

さらに皮脂を残したままだとお肌に油膜を張ったような状態になるため、スキンケア化粧品をつけても浸透しにくくなってしまいます。

 

それでは洗顔料の選び方ですが、洗顔は固形石鹸が一番良いです。

 

というのも、クリーム状の洗顔には油分を過剰に含んでいることが多いためです。この油分がお肌の上に残ると、洗顔後に使う化粧水や美容液などの成分がお肌に浸透しにくくなる恐れがあります。

 

固形石鹸と聞くと、洗顔後お肌がつっぱるのではないかと心配される方もいるかもしれませんが、全く問題ありません。

 

えお肌がつっぱってしまったとしても、その後きちんとセラミド配合の美容液などでしっかり保湿をすれば乾燥は防げます。

 

セラミドとはお肌にもともと備わっているとにかく高性能な保湿成分の事で人の肌表面で外界から守っている、お肌のバリア機能とも言われる角質層の重要な成分です。極めて高い保湿力を持ち、保湿力の高さを順番に表すとセラミド>ヒアルロン酸>コラーゲン>オイル とこんな感じになります。

 

角質層で、細胞と細胞の中でスポンジのように水分や油分を抱えこんでいるようなもの(細胞間脂質)であり、お肌のうるおいを保つうえで欠かせない働きをします。

 

お肌の角質層は角質細胞が何層にも重なってできており、その一つ一つを接着しているような状況です。

 

セラミドは細胞間脂質の主成分にあたり50%を占めています。

 

大切なことなので繰り返しますが、お肌の潤いを守っているのは皮脂ではありません。このセラミドなのです

 

洗顔石鹸ではセラミドはとれません。ですので洗顔石鹸を使って皮脂よごれを落とした方がいいのです。皮脂汚れが溜まってしまうと毛穴が黒ずんだり、ニキビの原因になったりお肌の状態を悪化させる一方です。

 

保湿効果を上げる正しい洗顔はとにかく優しく。

 

正しい洗顔方法とは、まず熱すぎない温度で顔を洗う事です。熱いお湯を顔に当ててしまうと、毛穴が開き一気に水分を奪われます。

 

そしてお肌への刺激にもなってしまいます。

 

次に手のひらやネットなどでキメの細かい泡をたて、卵1個分くらいのきめの細かい硬めの泡を作ります。

 

この泡をお肌に優しくのせていきます。乗せる順番も実は大事で、皮脂量の多い額から泡をのせて、そのまま鼻へとのせていきます。

 

そして頬全体、最後に皮膚の弱い口元、目元を手でこすらず泡を転がすように洗い、最後はぬるま湯で髪の生え際までしっかりと洗い流します。

 

最後に水分をふき取る時は、出来るだけ柔らかいタオルでお肌に刺激を与えず、ゴシゴシ拭くのではなく、タオルを顔に乗せ優しく押さえるように拭き取ります。

 

基本的に朝晩の2回この方法で洗顔をします。

 

お肌をゴシゴシこすると気持ち的には汚れを落とした気になりますが、実際はお肌を傷つけてしまい、潤いが逃げやすい状態になり乾燥肌になりやすくなりますしお肌への刺激はシミの原因にもなります。

 

自分の顔を優しく包み込むような気持ちで洗う事が大切です。