保湿化粧品で肌のキメを整えるのが大切な理由とは?

美しいお肌かどうかは”キメの状態”で判断していると言うことを、みなさんはご存知でしょうか?

 

一般的に、「キメが細かい」「キメが荒い」「毛穴が開いている」「ごわついている」などは、皮膚表面のキメの状態で決まります。

 

保湿化粧品が大切と言われる理由は、お肌の水分補給をすることで、キメの状態を整えお肌を美しくする、という役割をしているためなのです!

 

”キメ”を知ることは、お肌の状態を判断し、その状態にあった保湿化粧品を選ぶためにも大切です。
まずは「キメとはどういうものなのか?」という所から、詳しく説明しいきましょう!

 

お肌のキメって何?肌のキメのメカニズムについて

 

お肌の表面には不規則な三角形や菱形が並んでおり、これらの一つ一つを肌理(キメ)といいます。

 

キメの一番高いところを「皮丘」、低い溝になっている部分を「皮溝」、皮溝が交差する部分に「毛孔」、皮丘のほぼ中心に「汗孔」があります。

 

キメが細かい肌とは、皮溝が浅く、皮溝の幅が小さい肌をいいます。お肌が乾燥し皮脂が少ない方に多い。

 

キメが荒い肌とは、皮溝の幅が広く皮丘が不ぞろいで乱れているお肌をいいます。皮脂が過剰になり毛穴が開いた状態もキメが荒いといわれます。

 

キメが整った美しいお肌とは、皮丘が水分でぷっくり盛り上がっており、皮丘・皮溝がほぼ均等、毛孔も目立たない状態を言います。

 

お肌のターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が正常に働くと、キメが整った艶やハリのある滑らかなお肌になります。
ターンオーバーは28日周期ですが、新陳代謝が悪くなりその周期が乱れると、潤いを保つ機能も正常に働かずキメが荒れてしまいます。

 

キメを整えるには、常にお肌が水分で潤っている必要があるので、”乾燥”には特に注意が必要です!
乾燥の原因は、加齢、食生活、誤ったお手入れ、ホルモンや環境などの、さまざまな要因で起こるため、お肌の水分が足りない場合は保湿化粧品できちんと補給することが大切になります。

 

注意しよう!キメを荒らす原因となる行為とは?

お肌のターンオーバーが正常に行わなければ、お肌のキメは整いません!
キメを荒らす行動とは、ターンオーバーが乱れる生活習慣と、誤ったスキンケアにあります。

 

不規則な生活

お肌のターンオーバーが活発になる時間帯は、ゴールデンタイムと言われる夜22時から2時までの間です。
この時間帯に活動している方はターンオーバーが正常に行われず、傷ついた身体やお肌を修復することができません。
キメの整った美しいお肌は、夜に作られるということを意識しましょう!

 

紫外線

紫外線のダメージを受けると、お肌を守るためにターンオーバーの周期を早めることになり、正常な肌細胞が作れなくなります。
正常な細胞が作れなくなると、老廃物としてはがれるはずの角質やメラニンも表皮に残ってしまい、角質が厚くなることでゴワゴワしたり、メラニンが残ることでシミ・ソバカスなどができます。
紫外線が強い午前10時〜午後15時の時間帯に注意ししっかり日焼け止めをしましょう。

 

食事

ビタミン類・良質なたんぱく質は、お肌のターンオーバーに欠かせない栄養素です。
糖分や脂肪を過剰に摂取するなどの偏った食事では、お肌も栄養不足の状態になります。バランスの良い食事はお肌や身体を作るための基本です!

 

運動不足

加齢や運動不足などで新陳代謝が悪いと、お肌のターンオーバーにも影響がでてしまいます。運動をする時間がない方は、お風呂でしっかり汗をかくなどし、新陳代謝をアップすることを心がけましょう!

 

誤った洗顔

脱脂力が強すぎる洗顔で皮脂を取りすぎる。ごしごしこすってお肌を洗う。熱いお湯で顔を流す。これらの強い刺激はお肌を荒らす原因になります。
洗顔時は泡で転がすように洗い、人肌程度のぬるま湯で流すように気をつけましょう。

 

キメを整えるために必要な保湿化粧品の役割

 

キメを整えるには、生活習慣や食生活などを見直す必要がありますが、起こってしまったお肌トラブルは保湿化粧品でケアすることができます。

 

紫外線でしっかり日中の紫外線を予防し、夜には、お肌の汚れをしっかり落とし、保湿化粧品でお肌に水分をたっぷり補充しましょう!

 

保湿化粧品は、傷ついてしまったお肌の修復を少しでも早める手助けをし、キメを整えるための役割をしてくれます。美肌を手に入れるためにも、毎日の保湿ケアを怠らないようにしましょう!