保湿化粧品を使ったモテ肌作りにかかせないお肌の水分量の話

モテ肌作りに、乾燥は大敵!

 

お肌の水分量が減少し乾燥する原因は、加齢・不規則な生活習慣・偏った食生活・睡眠不足・ストレスなどがあげられます。
お肌の水分量を守るためには、保湿化粧品でしっかり潤いを与えることが何より大切だと言うことを肝に銘じましょう。

 

日本人は、乾燥肌・敏感肌・混合肌・水分不足が原因の脂性肌など、お肌の水分不足で起こる肌トラブルに悩む方が実際に多く、乾燥が原因で、モテ肌どころかお肌が枯れて老化が進む・・・なんてこともあります。

 

まだまだ間に合います!潤いたっぷりのモテ肌作りをするために大切な、お肌の水分量について詳しく説明していきましょう!

 

保湿機能のしくみ・お肌の水分量はどうやって守られるの?

 

お肌の水分は、「皮脂膜」・「天然保湿因子(NMF)」・「角質細胞間脂質(セラミドなど)」によって保たれます。それぞれにお肌の水分を守る重要な役割をしているのです。

 

「皮脂膜」は、汗腺から出た汗と皮脂腺から出た皮脂が混ざり「天然クリーム」となり表皮上を覆っています。お肌の水分蒸発を防ぐ役割の他にも、お肌を柔軟にし外部の刺激からも身を守っています。

 

「天然保湿因子(NMF)」は、皮膚にもともと存在する保湿成分の総称です。角質細胞の中に存在し、角質細胞内で水分を保つ役割をしています。

 

「角質細胞間脂質(セラミドなど)」は、角質層の細胞と細胞の間に存在し、NMFと同様に角質層の水分保持機能を支え、お肌の乾燥を防いでいます。

 

これらの3つの機能が正常に働くことで、お肌の水分量は守られています。
そして、保湿機能が低下し不足している場合は、保湿化粧品で補うこともできるのです。

 

お肌の水分量はどうしたら増やせるの?

 

お肌の水分量をあげるために必ずに実践したい3つのポイント。

食生活

お肌の潤いに役立つ栄養素を摂取しよう!ビタミン類(ビタミンA ビタミンB郡 ビタミンC ビタミンE)・良質のたんぱく質・ミネラル・脂質・など。
基本的には偏った食事をせずに、野菜・魚・お肉をバランスの良く食べるということを意識すると良いでしょう。
どうしても食事で取りきれない栄養素は、健康補助食品を活用することもオススメです。 (青汁・コラーゲン・プラセンタ・マルチビタミンなど、自分に足りていない栄養素が補充できるものを選びましょう)

睡眠

美肌には睡眠が重要です!お肌のターンオーバー(お肌の生まれ変わり)が活発な22時から2時までのゴールデンタイムに多く休めるよう生活リズムを整えましょう!
お肌のターンオーバーが正常にならなければ、水分を保つための保湿機能が正常に働かなくなり乾燥を引き起こします。お肌の潤いを守るためにも、睡眠をしっかり取ることがとても大切なのです。

洗顔・保湿化粧品

お肌に残った皮脂や汚れは酸化するとお肌に悪影響を与えるため、クレンジングや洗顔でしっかり汚れを落としましょう。(ごしごし洗いはお肌を傷つけるためソフトタッチで優しく洗います)
洗顔後は化粧水や美容液でお肌にたっぷりと水分を与え、乳液やクリームなどで水分蒸発しないようにカバーします。お肌の保水機能を高めるための「セラミド」や「MNF」配合の保湿化粧品もオススメです。

お肌の水分不足が招くトラブルを回避する生活を・・・

 

お肌の水分不足が起こす肌トラブルは、乾燥肌・敏感肌・ニキビ・しわ・しみ・たるみ・くすみなどがあります。

 

早くに乾燥に対するケアをしておかなければ、年齢がお肌に出始める30代以降からはっきりと目に見えた老化現象が現れ始めます。

 

早い段階から、お肌の潤いを意識したスキンケアをはじめること、お肌によい食生活・規則正しい生活リズムに切り替えるようにしましょう!

 

お肌の潤いを守るための習慣は、意識すれば誰でもできることばかりです。
いつまでも、変わらないモテ肌でいられるように、是非継続して実践してみてくださいね!